伊丹市で整体、整形外科、整骨院、接骨院、マッサージ、はりきゅうなど、どこに行っても改善されなかったとしたら、オフィス伊丹はあなたの探し求めていた場所です!

オマリーの六甲おろし

オマリーの六甲おろし

3月から4月、この時期は卒業や入学、別れや出会いの季節ですね。

今年、ご卒業、ご入学、就職や退職を迎えられる、迎えられた皆様、
おめでとうございます!

この時期は、シチュエーションは様々でも、色々な戸惑いや不安、切なさ、はたまた、希望や期待、決意を感じたりする季節でもありますよね。

中には、この春、お引越しや初めての一人暮らしを経験される方もいらっしゃるかも知れませんね。

ザ・期待と不安!ですよね…。


皆さんにも、何か心に残った出来事とかありますか?


カルチャーショック

私は18で、実家の尼崎を出て、南国土佐、高知で一人暮らしをしました。
当時、環境とか言葉とか、「ココ、同じ日本やろ~⁇」とかなりカルチャーショックを受けた記憶があります。

でも、そのカルチャーショックが大き過ぎたお陰で、ただただ毎日ついて行くのに必死で、ホームシックを感じる余裕がなかったというか、必死に過ごしているうちに、生活が出来上がってしまっていたというか…とにかく助かりました(笑)


滋賀、ブラック企業お勤め時代

感情の揺さぶりが大きかったのは、その後、高知から滋賀に引越した時です。

南国土佐を出て、寮に入ってイキナリ猛吹雪にあった時、今まで当たり前に周りにあった色々なものや人から、随分遠く離れた事を実感して、心をわし摑みされた様な切なさを感じた記憶があります。

寮だったので、最初のうちはテレビも電話も共同で、夜の淋しさはラジオに埋めてもらってました。そのうち怒涛のブラック企業体質炸裂で、淋しさも感じる暇、無かったんですけどね…😓


ラジオも聴けちゃう便利なスマホ

今は、スマホで気軽にラジオを聞けたり、他の地域の放送が聞けたり、すごい事ですよね!

それ以上にSNSで、遠く離れた人ともやり取りが出来たりする。
自分が高知や滋賀に移った時に、スマホがあったらなぁと、思ったりします。

まぁ、もしあったら、めっちゃ頼ってしまってたかも知れないので、無くて良かったのかも…とも思います。


伝説のトーマス・オマリーが歌う…

先日20日の祝日にラジオ放送された、民放ラジオ101局特別番組「WE LOVE RADIO!~山下達郎・星野源のラジオ放談」、お聞きになりましたか?

個人的感想を書き始めると尺を超えてしまう(何の⁉︎)のですが、ラジオらしいほのぼのした番組で楽しかったです。


中で流れた、オマリーの六甲おろし…これがあれば、新生活の不安や切なさなんて、乗り越えて行けるんではないか、と思いました。

これは正に、悩める子羊たちの応援歌!
ガンバレ、みんな!ガンバレ、あなた!ガンバレ、私!

You Tube にも上がってますので、是非!

top.jpg


今週の看板

今週の看板は、エイプリル・フールについて、です。
今や、全世界で共通認識のエイプリル・フールの起源や、日本での歴史などが書かれてありますので、ぜひ覗いてみて下さいね!

s_IMG_3663.JPG

s_IMG_3664.JPG





a:527 t:1 y:2

コメント


認証コード4083

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional