伊丹市で整体、整形外科、整骨院、接骨院、マッサージ、はりきゅうなど、どこに行っても改善されなかったとしたら、オフィス伊丹はあなたの探し求めていた場所です!

お風呂、リニューアル!

img_bathroom_90.jpg
※画像はイメージです

先日、わが家のお風呂がとうとうリニューアルいたしました!
本っ当に嬉しいです‼︎大家さん、ありがとうございます‼︎


思えば、今のマンションに引越してきた3年前…

台所の水道の根元の水漏れ、行方不明だったコンロの五徳、お風呂場でシャワーを出すとシャワーの根元から吹き上げる噴水&浴室ドアからのなかなかな勢いの水漏れ、お風呂場の壁から出て来る出て来る大量の錆びた鉄くず…


思わず笑っちゃう位のハプニングの数々を、なんとなくの補修で過ごした3年間…

とうとう❗️ついに❗️やったぜーー❗️フ~~~‼️
ピッカピカです。もうシャワーかけても、水も鉄くずも出ないもんね!

しかも、お湯の調整が、あぁ、憧れの自動❤️
今まで、70℃位のお湯と水をそれぞれの蛇口を微調整して、温度を調整していたあの日々が❗️懐かしいぜ❗️ヒュ~~~‼️


すみません。興奮してしまいました。

小学校2年生で引っ越すまで、風呂なし長屋に住んでいた事を思えば、家の中にお風呂があるだけで有難い事ではあるのですが、やっぱり出来る事なら自動がイイ👍🏼



職人技

工事の日、人の良さそうなオジ様(お兄さん)が二人、お風呂場の壁を取っ払い、浴槽を取っ払い、床を取っ払い、全てを取っ払って、どうせなら、私の思い出したら思わず叫びたくなる数々のコッパズカシイ想い出も一緒に取っ払ってくれ~、と叫びそうになる程の見事な技術で、お風呂場をスケルトンにしてくれました。

そして、これまた実に繊細且つ丁寧な手さばきで、新しいお風呂、いえ、The bathroom✨に仕立ててくれました!
まさに気持ち良い仕事ぶりでした。本当にありがとうございました。

思い返せば、私は小さい頃から“職人さん”が大好きでした。

中学生の頃、友達と好きな人のタイプを話し合っていた時、専業農家されてたり、職人さんだったりのゴツゴツと節くれだった指と肉厚の手の平、ゴツい二の腕、と言って、ドン引きされた事があります。

だって、好きなんだもん、仕方ないよね…あ、引いていかないで💦お願いします。

子供達は、綺麗になっていくお風呂場に大興奮で、何回もウロウロしてしまってました。
オジ様達は、そんな子供達に対し声を荒げる事もなく、しかし本当に危ない事に関しては、子供達の身体が大切な旨を伝えた上で注意して下さいました。

また、敷居のコーキングが乾ききってない時には、敷居は踏んではいけない言い伝えを織り混ぜて、子供と同じ目線で話して下さったり、子供達もすっかり親戚か何かか、位の懐き方してました。

…やっぱり、職人さん、私の永遠の憧れです!惚れてまうやろ~~~‼️
(ネタやで、お父さん!)



今週のオフィス伊丹の看板

今週のオフィス伊丹の外看板は、奈良県東大寺の「お水取り」についてです。

① ②

あの神々しい松明や、飛び交う火の粉の映像を見ていると、一度は足を運んでみたいと思っていましたが、その謂れや歴史といった話はなかなか聞かないな、と思い調べてみました。

平安時代から続くその歴史、平家の焼打ちの時も、太平洋戦争の時も、どんな時も一度も途切れた事のないという事実に、人々の行に対する想いを垣間見て、更に行ってみたくなりました。


良かったら、ぜひご覧になって下さい!



a:770 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional